留学体験記 – 沈 佳イ(Shen Jiawei)

沈 佳イ(シン カイ)

交換留学プログラム(Student Exchange Program)

武漢大学(中国):2014年10月~2015年9月

 

●Why did you want to study abroad in Japan? / なぜ日本に留学しようと思ったのですか。

 まず、日本語を専攻しているので、どうしても日本の生活や文化をもっと近くで見てみたいと思い、日本へに留学しようと決めました。そして、ずっと前から日本のアニメと文学が好きなので、そのような美しいものを生んだ国に行ってみたかったのです。

 最後に、実は高校の時一度日本に旅行したことがあるので、その自然豊かな町に心を奪われてしまったからです。

 

●Why did you choose Tokushima University for your studying abroad? / 徳島大学を選んだ理由は何ですか。

 ここの人はとても親切だと聞いたからです。それに、「四国」というところはよく小説に出てきたので、いったいどんな所なのか行ってみたかったので、徳島大学を選びました。

 

 ●What subject have you been studying in your home university? / 自国では何を勉強していましたか。

 日本語です。

 

●How did you prepare for studying in Japan? / 日本留学に向けてどのような準備をしましたか。

 特になかったような気がしますが、ただ留学先の大学とメールでやりとりをして、言われる通りに手続きをしました。

 

●How was your experience in Tokushima? For example, was there anything that surprised you? / 徳島に来てどうでしたか。例えば、驚いたことはありますか。

 とても住みやすいことろです。地元の人は親切で、大学の先生もとても優しいです。驚いたことは、風がとても強いことや皆が自転車で大学に通っていることなどです。

 

●Have you used the Culture Lounge while you are in Tokushima University? How did you like using Culture Lounge? / 徳島大学ではカルチャー・ラウンジは利用しましたか。また、利用してどうでしたか。

 利用しました。いろいろな国から来た人から交流ができて、とても良いところです。

 

●How was your learning experience with courses at Tokushima University? / 徳島大学での勉強(受講)はどうでしたか。

 自由に自分の受けたい授業を選択できて、それは良かったです。また、先生の授業も内容豊かで、本当に勉強になりました。

 

●Are there any big differences with student life in Tokushima and the country where your university is? / 学生生活について、日本と自国とでは大きな違いがありますか。

 一つは、日本の学生生活にアルバイトはとても大きな割合を占めていました。

 二つめは、期末試験の代わりに、レポートで成績をつける授業がかなりあったことです。

 三つめは、先生が最後まで授業をやることです。中国では、せめて私の大学では、期末試験前の一ヶ月か半月は授業がなくて、全て学生の試験準備の自習時間になります。

 

●What experience gave you strongest impact during your stay in Japan or in Tokushima? / 日本(徳島)での生活で一番印象深いものは何ですか。

 人は親切で、風と太陽が強いことです。

 

●What is your goal in the future? / 将来の目標は何ですか。

 翻訳者になることです。

 

●Could you leave advice to students who want to study abroad from Tokushima or thinking of studying in Tokushima from your home school? / 留学を考えている学生に向けてアドバイスをお願いします。

 1.留学する時間は本当にあっという間に過ぎてしまうので、自分の目標を先にしっかり立てれば、時間の無駄を避けるのに良いです。

 2.アルバイト先はしっかり考えるべきです。